サリィ・シーン

♡♡♡絵を描いている、今

« 11.2017123456789101112131415161718192021222324252627282930»

--.--.--(--) 【スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.14(Fri) 【イラスト

valvaとわたし

valva!

                                                                                valvaイメージ図



アレ、一体いつ出てくるのかしらと不思議に思っていたみなさん、
お待たせ致しました。

valvaの登場です

出し惜しみしていたわけではありません、
valvaは今や私の生活の一部として存在しているものですので、
いまさらに登場させることなど思いつかなかったのです。うふふ


私とvalvaの出会いはとあるライブハウスから始まりました。
はじめて彼らを見たときの衝撃といったら、
ゆらゆら帝国を最初に聴いたときのショックなんか軽く超えてしまいました。
こんなバンドみたことない。
何でしょう、あの彼らの宇宙に一体化される感覚!
その瞬間、そこに存在するのはvalvaと私だけ、
周りなど消えてなくなっていたのでした。

それからはvalvaの音楽とともに過ごすサイケデリックなライフ。あたまが主にサイケデリック。

何が他のバンドと違ったのでしょう?
sary13はむつかしい言葉でロックを語ることはできませんが、
私がvalvaに魅かれる理由はその強烈な個性と、
『 valva 』 というバンドの核もしくはパワーのようなものが
真っすぐな光となって飛び込んでくる感覚、それに尽きると思います。

以下メンバーの紹介 by sary個
松尾さん (Vocal,Bass)・・・みため男の子声が女の子
李さん (Guiter,cho.) ・・・気さくなお父さん
山本さん (Drums)    ・・・友達がタイプってゆってた
渋谷くん (Guitar)     ・・・王子様っぽい

ジャンルとしてはサイケデリックからパンク、グラム、ニューウェイブ、オルタナティブ、パワーポップとまで称されているようです。

valvaをなにかに例えるなら、ちょうど喫茶ソワレのゼリーポンチのような。
色とりどりのカラフルなゼリーが、炭酸水のなかではじけ、
メロディとなって宇宙へ飛ぶのです。

キラキラ、キラキラと。

私にとってvalvaとは、心の宇宙にいつまでも途絶えることなくはじけ飛ぶキラキラなのです。


最近単調な毎日でなんだかつまらない族のみなさんも、
乗りにのっててスィングしていますねという方も、
valvaという新しい宇宙を覗いてみませんか。めっちゃ宣伝してますね。

sary子は誰かとこの気持ち、ただ共有したいのです。仲間求むよ!






 

スポンサーサイト

thread : イラスト janre : ブログ

COMMENT

今、職場なんで、動画を聞けてないんやけど、気さくなお父さんって、、オジさんなんでしょうかv-12

上の絵、ハジケてるのが感じられるv-42
良い絵だねー♪

Re: mihokiti

ありがとうー!
だいぶはじけてるそこが好きe-418

気さくなお父さんは私より年下なんだけれども
子供が生まれまして お父さんっぷり全開を感じてしまうのであります。

COMMENT FORM


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://sary1x1x1ss.blog41.fc2.com/tb.php/36-075799da

プロフィール

Author:sary13
人生漫画

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メール

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。