サリィ・シーン

♡♡♡絵を描いている、今

« 09.2017123456789101112131415161718192021222324252627282930»

2014.08.31(Sun) 【未分類


赤 ーー という色は、
よく生命の煮えたぎるような躍動とか、情熱とか、エネルギーの塊、
そう表現される事が多い。
成る程、実際赤色を目の前にすると
生物(ヒト・動物含め)は、何か一種の興奮を覚えて、最も感情的に惹かれやすい色ではある。
目に見えるものとしても、血液や太陽など、それら生命力を象徴するものは総じて赤い。

然し、生命の根源のエネルギー、それにもし色があるとするならば、
それは「赤」ではなく「青」なのではないかと私は常々感じている。

触れるだけで一瞬のちに火傷をしてしまいそうな 深く冷たい青。
耳という器官の存在をそもそも忘れてしまったーー
そう錯覚してしまうくらい、 静寂の青。

赤 が「動」と表現されるならば、青 は「静」だろう。

私にはそんな、目には見えないどこか深い、奥底のところで
静かに ーいやむしろ無音の中をーーー
燃えている ーそれは決して熱などを持つ事はないだろうーー
その「青」にこそ、何か 個 - そして宇宙につながる深淵なるイマージュを感じてならないのだ。


なんちてちょっとかっこつけちゃったわな~

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://sary1x1x1ss.blog41.fc2.com/tb.php/131-74aacca9

プロフィール

Author:sary13
人生漫画

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メール

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード