サリィ・シーン

♡♡♡絵を描いている、今

« 09.2017123456789101112131415161718192021222324252627282930»

2013.02.26(Tue) 【未分類

『 優しき歌 』

 

Ⅶ  また昼に


私はもう はるかな青空やながれさる浮雲のことを
うたはないだらう……
昼の 白い光のなかで
おまへは 僕のかたはらに立つてゐる

花でなく 小鳥でなく
かぎりない おまへの愛を
信じたなら それでよい
僕は おまへを 見つめるばかりだ

いつまでも さうして ほほゑんでゐるがいい
老いた旅人や 夜 はるかな昔を どうして
うたふことがあらう おまへのために

さへぎるものもない 光のなかで
おまへは 僕は 生きてゐる
ここがすべてだ!  ……僕らのせまい身のまはりに
 






Ⅹ 夢みたものは……


 

夢みたものは ひとつの愛

ねがつたものは ひとつの幸福









スポンサーサイト

COMMENT

立原道造ですね。

この詩の世界はとても美しくて、まっすぐで眩しく、また自分もそうでありたいと思ってしまいます。

読みながら、サリィさんとあるいた景色を思いだします。
穏やかな空間。

あの日、あの教室で出会えて、本当に良かった。
一人で通うようになって、寂しかったあの時、それが一瞬になくなった。

これからもサリィさんとの出会いが
とても支えになりそうです。

ありがとう♪
いつも、ありがとう♪

Re: yaroちゃん

素直で何事にも真面目に取り組むyaroちゃんは、
わたしが出会えて本当によかったなと思う友人の一人です。

まさに心のオアシス的存在のyaroちゃん
yaroちゃんと過ごす時間は本当に穏やかな時が流れています。

こちらこそいつもありがとう、
これからもよろしくねe-420

COMMENT FORM


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://sary1x1x1ss.blog41.fc2.com/tb.php/117-70e4ec6e

プロフィール

Author:sary13
人生漫画

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メール

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード